JUGEMテーマ:義のつく関係

 

皆さまご心配をおかけして、申し訳ありません。

8月の中頃、お盆過ぎあたりに、退院しました。

 

いろんなことがありすぎて、ちょっと疲れてしまっていたので、回復するまでと思っていたら、ご報告が遅くなってしまいました。

大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m

たくさんの温かいお言葉をありがとうございます。

 

今、私は自分の実家に帰り、両親と一緒に暮らしています。

夫もなぜか一緒にいると譲らないので、夫も一緒です。

 

顔面神経麻痺の方は、以前のように完璧に、とはいきませんが、顔の表情が作りにくい感じはあるのですが、ちゃんとお茶もこぼすことなく飲めるし、目もちゃんと閉じれます。多少ひきつりますが、笑顔も作れます。

 

早めに受診したのがよかったみたいです。

 

とても恥ずかしい話ですが、病気になってみて初めて、私は、今まで自分がいかに幸せだったか、に気づきました。

今まで自分の体が思い通りに動くことは当たり前だと思っていました。

 

でも、それは、ちゃんと24時間休みなく働いてくれている自分の体に対して、とても傲慢な態度だったと思い、すごく反省しました。

 

”ほのか、大丈夫?!”

 

と毎日のようにまとわりついてくる(心配してくれている)夫に対する考え方も、何だか変わりました。

こんな未熟でダメな私の側に、変わらずいてくれる、それは当たり前のことではないな、と入院生活の中で、そう思えたのです。

 

”離婚しよう”とあんなに悩んでいたのに、今はその気はなくなりました。

病気になって初めて、私は、自分がいかに感謝が足りない人間だったか、気づきました。

 

今では素直に、夫に「ありがとう」と言える自分がいます。

すべてのことが当たり前ではない、とは思っても、まだヘビには感謝できる気もしませんが、離婚はとりあえず私の中ではなくなりました。

 

このまま、この夫とやっていこうかなって。

病気になって素直にそう思えました。

 

だからもう、このブログは書かないと思います。

文句を…自分の気持ちを抑えきれなくて、どうしようもなくて、始めたブログだったので…

 

今は文句を言えること自体が、幸せなことなんだって、わかりました。

私は今幸せです。

 

健康で幸せです。

日本に生まれて幸せです。

ごはんもおいしく食べれます。

目も見えます。

手足もあります。

体はちょっと弱いけど、自由に動きます。

 

やさしい両親がいます。

甘ったれだけど、こんな私を好きでいてくれる夫がいます。

そして、今までこんなダメな私のことをブログを通して応援してくださった、たくさんの皆様がおります。

 

どれも当たり前のことはありません。

心より感謝申し上げますm(_ _)m

 

顔面神経麻痺という病気になって、私は考え方が劇的に変わりました。

改めて気づいた、という方が正確かもしれません。

 

こんなに幸せな自分なのに、いろいろ文句を言ってはバチが当たるかなと。。。

病気はそれに気づかせてくれました。

だから、この気持ちを忘れないように、このブログに残しておこうと思いました。

 

そして…

ブログと共に、今までの自分に”さようなら”しようと決意しました。

そう思ったので、今日、ブログを書きました。

 

そして、このブログをもう更新しないことが、私が”幸せ”だという証。

自分へのけじめだと感じます。

 

私自身、こんな結論を自分が出すなんて、全く思いませんでした。

あんなに”離婚”しようと思って悩んでいたのに…自分でも信じられないです。

 

でも、最終的に、こういう結論になりました。

問題がなにか解決したわけでは決してありませんが、なんとか頑張ってやっていこうと思えました。

 

皆さま、こんな私を今まで応援してくださり、本当にありがとうございましたm(_ _)m

わがまま勝手をどうかお許しください。

 

どうか、やさしい皆さんがお元気でありますように…

幸せでありますように…

 

今までいろいろ助けていただいて、うれしかったです、感謝いたします。そして、さようなら。。。

最後まで、こんなブログを応援してくださり、本当にありがとうございました。

  にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  
  にほんブログ村  
   
  家族日記 ブログランキングへ  
     
   

 

 

JUGEMテーマ:義のつく関係

 

皆さま大変申し訳ありません。。。

私、顔面神経麻痺の影響でか耳鳴りがものすごくて、、、

 

ちょっと先生の話がよく聞き取れなかくて、、、夫にも一緒に聞いてもらったのですが、

なんか手術と言うのは間違いで、実際には投薬による治療で3週間の入院、とのことでした。。。

 

話を聞いた私の母が疑問に思って、先生に聞きなおしたところ、事実が発覚しました。

 

なんかたまたまいつもいるドクターが出張か何かでいらっしゃらなくて、対応したのが研修医(?!)の先生だったらしく、どうも説明がわかりにくかったのもあるようなんですが

 

夫に「ほのか〜、手術だって。大丈夫?!早くよくなってね」とか言われたので、すっかり落ち込んでいたのですが、、、

どうやら夫の勘違いだとわかり、、、私も目が閉じなくて痛いし、耳鳴りひどいしとはいえど、ちゃんと聞いてなかったのが悪いので、、

 

早とちりした私が悪いんですけどね^^;

ご心配くださった皆様、お騒がせして、大変申し訳ありませんでした。。。

 

温かいコメントもいただき、心より感謝です。

ちょっとまだ顔が動かしづらく、長時間画面を見るのがしんどいので、病状が落ち着いたら返信させていただきます。

大変申し訳ありませんでした。。。

 

今はようやく左目が閉じるようになって、乾燥による目の痛みが緩和されてきました。

ほんとにストレスっていけないですね

今、身に染みています。

 

皆さまもどうかご自愛くださいませm(_ _)m


よろしければ、応援クリックお願いします☆  
  ↓  
  にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ  
  にほんブログ村  
   
  家族日記 ブログランキングへ  
     
   

 

 

JUGEMテーマ:義のつく関係

 

ここ最近、ずっと離婚のことで悩んでいたら、体調が悪くなってしまって。。。

体が疲れることが多くなっていました。

 

自分でもそれはわかっていたんですが、どうにも考えることを止められず、悩みすぎたのか、顔面神経麻痺になってしまったようで、病院に行ったら即入院、手術だと言われました。

 

顔の左側が動かしにくくなってて、最近は左側の口の端が閉じているつもりなのに閉じなくて、ダラダラとお茶をこぼすようになり、おかしい、おかしいと思っていたら

 

昨日の夜から、左目が閉じなくなってしまい、今朝、病院に行ったら、即入院とのことで、明日手術です。

怖くて怖くて、自分に何が起こっているのか…

 

何かに頼りたくて、ついついブログを書いてしまいました。

楽しい内容ではないので、不快に思った方がいたらすみません。。。(>_<)

 

 

JUGEMテーマ:義のつく関係

 

 

夫の心ない一言で、すごくイライラしてしまい、

昨日は全く眠れなかった私。

 

すごーく悲しいし、やるせないし、

ダメだとわかっていても、夜中ということもあって

どんどん考えがマイナスの方に行ってしまう。

 

こんな日はぐっすり眠れれば、朝には少しよくなっているのに…

眠れない…全く眠くならない…

 

 

 

あーあ、こんなはずじゃなかったのにな。。。

私の思い描いた結婚生活は。

もっと楽しくて、辛いことがあっても前向きにがんばれる2人がいるはずだったのに…

 

なんでこんなことになっちゃったんだろう…

いや、すべては私のせいか…

私が、選んだんだから…

 

そうだよ、私が選んだんだ。

だったら、これからも選べるはずだ。

この状況も…

 

今の私にできることはなにか。

今できること…

 

 

 

ガバッ!!

布団の中でもんもんと考えていた私だったが、

どうせ眠れないならと起きて、家中を片付けてやる!!!となぜか急に思い立った。

 

客観的に見ると、この辺が私のいいところ。

逆境に追い込まれれば追い込まれるほど、なぜか急に燃えてくる(笑)

 

だってこれ以上落ちようもない。

落ちるところまで落ちた、子どもはできないし、夫は自分勝手だし、ヘビからは離婚を強要されてるし、

仕事はアホみたいに忙しくて大変だし、私の体はボロボロ、精神的にも見た目も最悪。

 

こんなに頑張っても、状況は悪くなる一方。

必死でがんばっても届かないのは、方向が間違っているか、努力が足りていないから。

 

正直言って努力は、これ以上、どこをどう頑張っていいかわからない(苦笑)

これ以上思いつかないから、まずは方向転換してみよう。

とりあえず、この部屋だ。。。

 

 

 

それから、一晩中をかけて私は家を片付けた。

そして今日の朝5:00、清々しい朝日を見ながら、

少しの荷物を持って、自分の実家に向かった。

 

母も父も、急に来た私に何も言わなかった。

ただ普通にこの家にいたときみたいに、変わらず私の席に朝ご飯を出してくれた。

 

何も変わらない、いつもの朝食。

私の知ってる大好きな家、結婚したらこんな家庭にするんだと当たり前に思えるほどに、

ごく普通のありふれているけど、幸せな家。

 

私の家。

だけどこの状況が永遠に続くことはないと、私は知っている。

大好きな父も母も、いつかは私を残していなくなってしまう。

 

 

 

でも、だからこそ、この空間が時間が、、、

すばらしい輝きを放つのだ。

普通の人から見ればごくありふれた風景。

でも、今の私にとっては、悲しいほどに愛おしい時間だ。

 

涙が出そうだった…

 

永遠に続かないから美しい。

だけど、永遠に続いてほしいと願うのは、私のわがままなんだろうか。

 

 

 

人には命の時間という限界がある。

だからこそ、与えられた時間を必死で生きなくてはいけないと、私は思っている。

決して後悔しないように、全力で生きるのだ。

 

”全力”

 

私は今、全力で自分の人生を生きているか。

人のための人生になっていないか。

このままで本当にいいのか。

 

 

久しぶりの実家でゆっくりできた私は、

ようやくまともな思考回路になったのかもしれない。

 

 

気持ちが落ち着くと、急に自分の身だしなみがすごく気になった。

髪はボサボサ、服は黒系で未だに冬か?という服装。

体型は乱れ、お尻とおなかがたるんでいる…

 

 

こんなの私じゃない。今の自分が嫌だったら、自分の力で変えていかなくちゃ!

睡眠不足のまま、とりあえず地元のジムに行って、走って筋トレをした。

 

 

ドラッグストアからヘアカラーを買ってきて、ちょっとピンクの入った茶色に染めた。

髪をコテで巻き、アイラインをしっかり引いて、強い自分を演出。

明るい色のワンピースを着て、安いアクセサリーをジャラジャラつけて、もうキラッキラ(笑)

 

 

仕事は大変だけど、明日からめっちゃおしゃれして行こう。

気合を入れて!私はこの人生に勝ってやる!!

おしゃれをするとテンションが上がるのは、女子ならではなのか、とにかく…

 

 

負けてたまるかっ!!!

 

 

そして、気合そのままに、夜、夫の待つ家に先ほど帰宅。

 

私「ただいま〜♪」

 

夫「・・・・」

 

(後ろを向いて無視。返事もしない)

 

どうやら怒っているらしい。

でも、今の私にはそんなことどうでもいい。

 

鼻歌まじりで、夕飯を作り始める。

 

私「ごはんできたよ」

 

夫「・・・・。」

 

一応声をかけたが、夫は未だこちらを振り向きすらしない。

まあ、声かけたし、私は最低限の所はやったから、もういいや♪

 

たぶん夫は、私が近寄ってきて、いつものように「どうしたの?」と

やさしく言われることを待っている。

 

もう今の私には、夫にそんなことを、あえて言う気にもならない。

そんなマイナスの気分の人をわざわざ構いたいとも思わない。

 

残念ながらその予定は全くないから(爆)

1人で勝手にすねてればいいじゃない。

私は、先にごはん食べるからね〜(笑)

 

完全に夫を無視してごはんを食べ始め、テレビを見始めた私にしびれをきらしたのか、

ようやく夫がこちらに来て、私を見たようだった。

 

(私は完全に無視w)

 

めちゃくちゃ夫の視線を感じる。

周辺視野で見た感じでは、目が丸くなっているのはわかる。

(私はスポーツをやっていたので、見える範囲が広い)

 

たぶん、

いきなり豹変した私の見た目と態度に驚いているのだろう。

 

 

 

夫「ほのか…」

 

 

ようやく私の名前を呼んだ

 

 

私「なに?」

 

 

夫の方を見もせず、返事だけする私。

 

 

夫「その…ごめんね。俺昨日怒ったりして」

 

 

昨日だけじゃなく最近ずっとだし(怒)

 

 

私「・・・・。」

 

 

返事もせず、夫の方も見ない。

 

 

夫「母さんからのLINEがしつこくてちょっとイラついてて…。

でもやっぱり俺はほのかだけだから」

 

ん?

一体なんの話だ?

 

やっぱり、ってなに?!

 

 

私「一体何の話をしているのか全然わからないんだけど」

 

 

ぶっきたぼうに一応返事をする。

 

 

夫「あ…。実は母さんからお見合いを勧められてて…」

 

 

はぁ?

 

 

夫「なんか会え、会え、ってうるさいからさ。。。」

 

 

さすがヘビ。

最近なんの音沙汰もないと思ったら、そんなことなかったわけか。

 

 

私「そう。やっぱり俺はほのかだけ、ってことは、少しはそう思わないことがあったってことね?」

 

 

夫「う…。違うよ…(汗)その、ほのかが最近忙しくて全然俺にやさしくしてくれないから…」

 

 

ナニ?私のせいかよ…

 

 

夫「でも、部屋もきれいになってるし、ほのかもきれいになってるし、やっぱり俺はほのかだけって思ったよ」

 

 

それって私を褒めているようだけど、別に私じゃなくてもいいよね?

まー、とにかく外見の力は男子にとっては絶大のようですね(←冷めた目)

 

 

私「私はもっと家事を手伝ってくれるダンナさんがよかったなぁ〜。」

 

 

そう言いながら、夫の側を離れる。

褒めてる(つもり)のに全く関心を示さない私を見て、あわてて追ってくる夫。

 

 

夫「ほのか!まさか浮気とかしないよね?きれいになったのは他に男でもできたんじゃないの!

仕事とか言って、ほんとは夜遅くまで他の男と会ってたんじゃ!!!」

 

 

なんのスイッチかわからないけど、急に夫のスイッチが入ったようだった。

まさか、ほんとに忙しかっただけだし。

きれいにしてると自分が平穏でいられるから、そうしてるだけです。

 

 

っていうか、

私がそんな筋を通さないことをするかっての!(怒)

 

 

私「私ってそんなにあなたに信用されてないのね。。。なんか悲しい…」

 

 

違うよ!と否定するのは簡単だけど、

なんかいろいろしゃくだから、わざとちゃんと明言しない(笑)

 

 

そしてそのまま自分の部屋に行って、扉をバンと閉める。

身だしなみを整えたら急に態度を豹変しちゃって。

今までこっちを見もしなかったくせに。

 

 

でもなんだか・・・・

私、ヘビがお見合いの話を勧めてくる、っていうのを聞いて、

そんなにビックリしなかったな…

 

 

もしかしてもう、

私は夫のことをそれほど好きではないのかもしれない。

 

 

とりあえず今は6月の監査に向けて、仕事をがんばろう!

目の前の課題をとりあえずこなさなくちゃ。

まだ、いろいろ考えはまとまらないけど、一生懸命前見て、頑張っていけたら今はそれでいい。

 

 

今の私には、全力で頑張ることにその意味がある気がする。

今はまだわからないけど、一生懸命生きてない人に奇跡は起きないって、何度もいろんな本で読んだ。

できることをただ今はやろう。

 

 

大切なことは、常に明るいほうを向いていること。

ひまわりのように、雨の日も風の日も太陽の方を…

いろいろあるのかもしれない、、、でも、私はそっちのほうを向いて生きていたい。

 

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 
 

 

 

 

JUGEMテーマ:義のつく関係

 

4月…

まだ一週間しか経っていないのに、もうダメかもしれない。。。

(ρ_;)

 

仕事が…全く終わらない…

終わる気がしない

 

このところ毎日帰る時間は22時を確実に過ぎる。

今日はさすがに土日もずっと連続出勤して疲れすぎたので、早々と帰らせてもらった。

 

実は私の部署では、大きな異動があった。

メンバーが変わり、新しい人達が来ているが、全く畑違いの所から来た方々なので、

教えながら自分の仕事とフォローで、毎日帰るのはどうしても遅くなる。

 

仕方ないことだと思う。

”年度変わり+人も変わる”というのは、まず忙しい鉄板パターン。

 

私は割り切ってやっているつもりだ。

 

しかし…

残念なことにこの私の大変な状況を読めない方が、約1名いる。。。

 

----------------------

 

私「ただいま…。(あー、今日も22時30分か…)」

 

夫「ほのか〜!!おかえりなさーい!!おなかすいたよ!!!!」

 

私「・・・・。」

 

3月に人事異動が発表になってから、忙しくなることはわかりきっていた。

だから

夫には自分の家に帰ってていいよ、私はしばらく早く帰れないから、と言った。

 

だけど…

 

夫「やだ!俺、ここでほのかの帰り待ってる」

 

となぜか譲らない。

 

じゃあ、私は、自分の実家に帰りたいから、あなたも自分の実家に(ヘビ宅)に帰ったら?

と言うと、

 

それなら、ほのかの実家で私の帰りを待つと言う…

(^_^;)

 

(これが3月下旬のやりとり)

 

そうなると、私の母と父に迷惑がかかることになるので、結局はこの間借りしている家で…ということになっているのだが…。

夫は私が遅くなっても全然大丈夫だと言う。

 

 

しかし…

 

 

私「ただいま…」(夜23時)

 

夫「おかえり、ほのか〜。おなかすいたよ!俺のごはんは??」

 

私「・・・。冷蔵庫に作り置きあったでしょ、先に食べてていいって言ったでしょ」

 

夫「えー、だって1人で食べてもつまんないし…」

 

私「だから、実家に帰ってていいってば。私、まだ当分忙しいから…」

 

夫「やだ。ほのかいないとつまんないもん。」

 

 

と、まるで手のかかる子どものような駄々をこね始める。

 

仕事で疲れている私は、もう相手にする気力すらない。

一刻も早く寝たいし、休みたい。。。

 

だけど夫は…

 

ずっとほったらかされているので、構ってほしいのでしょう。

一緒にちょっとゲームをしたい、とか、DVDを借りてきた、とか…

 

そのくせ

 

実家に帰っててよ、しばらくちゃんと相手できないし、申し訳ないから…

と言うと

 

大丈夫!俺、ちゃんと待ってるし、文句も言わない!

 

と…(^_^;)

 

 

夫の中では「俺のごはんは?」は文句じゃないんだろうか…

今の私には結構な威力なんだけど。。。

 

かといって、何かをやっててくれるわけではなく、洗濯物も、買い出しも、洗い物も、

全部そのまま残っている。

 

時間があったらお願いね?とは言ってあり、「わかった〜!」と元気に返事をするものの、一度も達成されたことはなく…

頼みもしないDVDとかを借りてきて、「ほのかが見たそうなやつ探してきた!」とドヤ顔。

 

もう口先だけで期待させるなら、せめて目の前にいないでくれ・・・

 

とまで、最近思う始末。

もはやすでに限界の私。

 

私は実家に帰りたいのに。。。

せめて仕事で一区切りできそうなゴールデンウィークまで…

 

あんまりにもしんどいので、バーッと書かせてもらいました。

最近あんまり寝てないので、かなり文章がめちゃくちゃでしたらすみません…

 

明けない夜はないというけど、私の夜明けはいつ来るのだろうか…

まだ明るくなる兆しすら見えてこない…(^_^;)

 

光はどっちにあるの?

せめてまだ見えなくても、方角だけでも誰か教えてほしい。。。

 

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 
 

 

 

1

応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ

profilephoto
ほのかと申します!30代女性。義父、義母と敷地内同居しています。

Selected Entry

Archive

Comment

  • 退院しました。そしてさようなら。
    westy
  • 退院しました。そしてさようなら。
    もんち
  • 退院しました。そしてさようなら。
    ペタペタ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    はる
  • 退院しました。そしてさようなら。
    ラムネ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    jun
  • 退院しました。そしてさようなら。
    やまむ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    よっち
  • 退院しました。そしてさようなら。
    通りすがり
  • 退院しました。そしてさようなら。
    がるる

my favorite


Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM