JUGEMテーマ:義のつく関係


言おう、言おう…と思って、何度もその機会をうかがっていた私だったが。。。
無意識なのか、それとも意図的か。。。
わからないのだけど、夫がそれとなく私を避ける。


私が「言わなきゃ…言わなきゃ…」と思っているからだろうか。。。
もしかしたら気づかずに、そーいう空気を出していたのかもしれないが。。。


いつもは自分から寄ってくる夫も、干し柿事件のことを話してからは、無意識のスルー力発動?!
寝る時以外は寄って来ない。。。


全くダメ。起きている時の、夫の半径2メートル以内に入れない状態。


うーん。。。


明日はクリスマスイブだというのに、こーいう雰囲気はいかがなものか…
あまりにも残念すぎる…
結婚して初めてのクリスマス、こんな形で終わりたくないよ。。。


そう思った私、、、
まずいろいろ伝えるのは、せめて年が明けてから、落ち着いてからにしよう…
と勝手に決め、ようやく1時間ほど前から、ソファーの上でパラパラと雑誌を読み始めた。


すると…


たぶん遠くで私の様子を伺っていたのだろうか。。。
しばらくすると夫が近づいてきた。(おや?)


夫「ほのか?」


私「うん?」


わざと気のない返事をする。あえて夫の方は見ない。
私、今、あなたになんか興味ありませんよー、雑誌見るのに夢中なんです、何も言ったりしませんよー
のアピール。


それを見て少し安心したのだろうか。
夫がようやく隣に座る。


夫「何見てるの〜」


私「ん?クリスマスネイルだよー。これとかかわいくない??」


夫「え”…、おれはふつーのやつがいいなぁー。」


ようやく普通に会話が成立。
とりあえず私だって、人並みにクリスマスを楽しみたい。


ましてや、新婚のクリスマスは今年一回きりしかない。
気まずいまま終わりたくはない。


夫「明日どこ食べ行く?俺、一応、ほのかの好きそうなとこ探しておいたんだけど…」


私「え!ほんと?うれしい^^わざわざありがとう〜」


夫「うん(にっこり)えーっとね、どれがいい??(スマホを出す)これとねーこれと。。。」


楽しそうに提案してくる夫を、気づかれないようにちらりと見る。
仕方ない、今は年末年始を思いっきり楽しむか。


今はたぶん、夫もそのことに触れるのは無理なんだ。
スルーするのは自分を守るため。


今も自分を守っているんだ。
きっとあの母親だったから、そうやって自分をだましだまし、あの家でずーっとやってきたのだろう。


長年染みついた価値観は、今日言って、明日ぱっと直るわけないんだし、どうせ長期戦だし。。。


納得はいかないが、しばらくこの夫を見習って(?)私もスルー力を発揮することにした。
楽しいクリスマスと年末にしよう。。。


難しい問題は、とりあえず年越し。
来年の宿題。今年の宿題は終わり!(もう勝手に決めた)


一年で私が一番好きな時期。
気持ちが新たになる時期。。。


また来年、がんばることにしようー
今年の頑張りは、ここまで。
あとは思いっきり楽しむ時間にしよう。


そろそろ来年の計画立てなくちゃな。。。


来年は絶対、今年よりいい年にするんだから…
そうよ、ヘビに邪魔されない、すばらしい年にするんだから…


とりあえず一時休戦だ。
体力と気力を蓄え、来年につなげよう。


来年また頑張るために、今は思いっきり楽しんでおかなくちゃ☆


よろしければ、応援クリックお願いします

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 

JUGEMテーマ:義のつく関係


やっぱりこの人は、ヘビの子なのかもしれない・・・
普通の反応じゃないよね。。。絶対。。。


------------------------------------------------------------------------


昨日、夜遅く帰ってきた夫。
疲れている所悪かったけど、ヘビが家に来て、干し柿を取っていったことを話した。


眠そうにして聞いていた夫だったが、、、、


全部話し終わったあと、何ともありえない一言を放つことになる。。。


・・・・・・・・・・


私「それでね、すぐに帰るかと思ったんだけど帰らなくて。。。干し柿4つ持って行ったみたいなの。。。」


夫「ふーん。。。(すごく眠そう)」


疲れているから早く寝たいという感じで、夫が相づちを打つ。
前から思っていたけど、この人、ヘビの行動で私を傷つける言葉とか態度には怒るけど、物に対してと言うか、、、何と言うか、、、


物を盗られた<ほのかを傷つけた


というか…うまく言えないんですけど、、、
窃盗で誰も傷ついていない場合、かなり夫的には関心度が低いような気がするのです。。。。



前から薄々思ってたけど、次に夫が放った言葉で、私は残念ながらそれを確信することになる。



夫「そっか。まー、母さんは昔からそーいう人だから。(干し柿盗ったことに対して)ほのかが傷つかなくてよかったよ。父さんにメールしとくね。」


私「・・・・・うん」



わかりますか??
一見やさしく返してくれたみたいでしょ?


でも…


私には、お母さん(ヘビ)はそーいう人だからあきらめてね、としか聞こえない。。。。


ずーっとあのお母さんだったから、もうそーいうふうにしか考えられなくなっちゃったのかな。。。
はっきり確信してしまって、静かにショックな私。


でももう目が開かないほど眠そうな夫。
わかってますよ。。。今はやめますよ、今は、、、、


でも、ダメでしょ、いくら母親だからって柿盗むの許したら。。。
あなた、見て見ぬ振りするのは、やさしさとかじゃないわ。


言いたかったけど、もう眠りに入ってしまっていたから、とりあえずあきらめた。
でも、これはダメ。
直さなきゃ、時間かかっても。


私にとっては、ヘビの恐怖よりも、夫の反応の方が怖かった。。。
しみついちゃってるんだ、、、長年ずっと一緒にあの変なのといたから。。。


自分でも気づかない内に、そう思うようになっちゃったんだ。。。。


そう思ったら、何だかもうお正月、実家にすら行ってほしくなくなってきた。。。。
もう、この天然記念物ものの優男を、ヘビの毒牙にあててはいけない、、、


引き離したい。。。。


これは私のわがままなのかな。。。。
出過ぎたこと?


夫にもありがた迷惑??
私はお母さんに会わせないいじわるな嫁?


あー。。。


どうするかな、、、悩むなぁ。。。。


よろしければ、応援クリックお願いします☆

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 

JUGEMテーマ:義のつく関係


私「いってらっしゃーい」


今日は日曜日。
母は友だちとクリスマスコンサート、父はなかよしの幼馴染と出かけてそのまま飲み会、夫は仕事。


私は順々にみんなを送って、1人で家で留守番をしていた。
久々にゆっくりすきな雑誌を見ながら、お茶を飲んで、のんびりとしていた。


お義父さんからのメールで、すっかり安心した私は、心も晴れ晴れ、何なら家の中でスキップしてもいいくらい、るんるんとしていた。


雑誌も読み終わり、そろそろ床でも拭こうかなーと思ったその時


ピンポーン


あれ?誰か来たみたい
そっか、誰もいないから出なきゃ。


ご近所さんかな…
そういえばお母さんが今日、集金に来るかも、って言ってたっけ。。。。


そう思って、2階から降りようとした私の目に、門口に停まっている車が目に入った。


?????????


残念ながら、この家に防犯カメラはないので、玄関に誰がいるかはわからない。
でも…


あの車は。。。まさかね。。。


家は門口が長いので、遠くてはっきりとは見えないが、前、ヘビが来た時に、送り迎えをさせられていた、気の弱い近所の方の車に似ていた。


でも、よくある車だし。。。
お義父さんは来ないって言ってたし、気のせいだよね。。。。


・・・・・・・。


そうは思っても、万が一…のことがあるかも…と、階段を降りるのをためらう私の足。
どうしようか、迷っているときだった。。。。


ピンポーン


ピンポーン


ピンポーン


ピンポーン


!!!!!!!!!


何と続けざまに、4回もピンポンが鳴ったのだ。。。。


私「え・・・・」


普通の人は、一回押して出てこないからって、4回も押さない。。。。
まさか。。。。


途端に体中に鳥肌がたつ。。。。


まさか。。。。
そんな。。。。


誰もいない時に。。。。
こんな時に限って。。。


一気に体中が寒くなって、暖かいはずの室内で、私の体はガタガタと勝手に震えはじめる。


ピンポーン!

ピンポーン!

ピンポーン!

ピンポーン!

ピンポーン!

ピンポーン!


鳴り止まない、ピンポン攻撃。。。。
間違いない。。。アイツだ。。。


なんでよ…
来ないって話し合ったんじゃないの。。。


話が違うよ。。。
お義父さんのうそつき!!!


あんなにやさしいお義父さんを責めてしまうほど、私の心は余裕がなくなっていた。。。


鳴りやむ気配のないピンポン攻撃の恐怖に、家中が凍るんじゃないかと思うほど、、、
何だか氷の城にいるような気になってきた。。。


ストーブにあたりたいが、ここを動くと物音がしてしまい、誰かいると気づかれてしまうかも。。。
そう思うと、この場からピクリとも動けない私。。。。


助けて。。。
誰か。。。助けて。。。


祈るような気持ちで、小さく震えながら身をひそめる。。。


息をひそめて、どれくらいそうしていたのだろう。。。。
ようやくピンポンが鳴り止んだ


すっかり冷たくなった指先を丸めながら、そっと外の様子をうかがう。。。



あ…



そこには、銀色?の魚のうろこの引きずるようなワンピースを着て、太ったおなかを太いベルトでギュッとしばったヘビの姿と、、、


恐らく荷物持ちで玄関まで連れて来られたのだろう。。。
気の弱い、顔が土色のご近所さんの姿が。。。


かわいそうに。。。。
ずいぶん重そうな荷物(お歳暮か?)を持たされ、ヨタヨタと門口を歩いている。。。


ようやくヘビはこの家に誰もいないと認識したのだろう。。。
私の車をちらりと見ると、少し首をかしげた。


よかった。。。。
念の為、鍵掛けといて。。。。


しかし、なかなか帰る気配がない。。。。
何をしているのか、家の畑に勝手に入りこみ、作物の種類をチェックしているようである。。。。


何してんだ…アイツ…
あいかわらず意味不明…


今の時期は冬なので、ほとんど野菜は終わっている。
木を眺めたり、落ち葉をほっくりかえしたり、一体何をやっているのか。。。


気の弱いご近所さんは、注意などもってのほか。
「早く帰りましょう」ともきっと言えないのだろう。。。


かわいそうに。。。
重い荷物を持ったまま、寒い門口の途中で、立たせられている。。。


と。。。。


ヘビが、突然、ご近所さんに何か指示を出している。
指さしで、車。。。。


ご近所さんは車に荷物を置いて、なぜかまた戻ってくる。。。


えぇー。。。。
何してんのよ、、、この人たち。。。。



しかし、これ以上、顔を出したら、私がいることがバレてしまう。。。。
ひっそりと隠れながら、ヘビの様子をうかがう。。。



早く帰れよ。。。
隠れながらそんなことを必死で願っていると。。。



えぇー!!!!



ヘビがご近所さんに指示し、なんと家の軒下にかけられている、干し柿を取り始めた。。。。



そして食った!



わからないように、ちゃんときれいに間を埋めるように言っているのだろう。。。
ご近所さんが手を伸ばして、必死で並び替えている。。。。



はぁ・・・



全くこの人は。。。。
あいかわらずサイテー・・・



手ぶらではなく、柿が手に入ったので納得したのだろう。
柿をもぐもぐ食いながら、ようやくヘビ退散。



なんなのよ、全く。。。。
あいかわらず気持ち悪い。。。。



はぁ。。。一気にどっと疲れたわ。。。。



あ、そうそう、最近そーいえばね、寒くなってきて肌が乾燥するなー、どうしたもんかと思ってたんだけど、ほかの人のブログで紹介されてたドリンクをダメ元で飲んだら、これがめちゃくちゃ良くて。。。。




3日目くらいかなー。
もう肌が全然違うの!モチってする!!


こんなに早く効果が出るのって初めてです。
これはヤバい…と思って、即定期購入しちゃいました!


3日目くらいから、もう朝起きると顔パーン!ですよ。
あと、自分ではわからなかったんだけど、体の方ももちっとすべすべらしく、夫がほぼ毎日ご機嫌で触っています(笑)


これなんですけど⇒驚きの速効性!肌が潤うコラーゲンドリンク


特にボディクリームとかは塗ってないので、確実にこのドリンクのおかげですね。
とにかく速効性がすごいので、もちもちっとしたい人はぜひ試してみてほしい〜
今まで飲んだドリンクの中で一番です!かなりおすすめ☆


あー、それにしても、、、久しぶりに悪夢を見たわ。。。
久々だと、さすがにちょっと堪えましたね^^;
あいかわらず非常識なやつ。。。


夫が帰ってきたら、ちゃんと報告しよう。
とりあえず、鉢合わせなくてセーフ!そう思って切り替えることにしよう。

JUGEMテーマ:義のつく関係


「うーん…うーん…」

昨日まで夜中も隣でうんうん唸っていた夫だったが、病院からの薬をもらい、今日のお昼過ぎからようやく元気になってきた。


これでやっと私も一安心。
よかった、よかった。
今日からまたぐっすり眠れるわー


どうも夫のこととなると、自分のことが後回しになる私。
あんまり寝てなくて、ちょっと眠たい。
家庭教師のバイトも、「ごめん、行けない。わかんない問題あったら写真送って。解いて送るから〜」と言ったぐらいにして、休む。




あれ?逆さまになっちゃった…
でも直す方法がわかりません(苦笑)


最近気に入っている「ラプンツェルのピン」♪
しっかり挟まりすぎるから取るとき大変なんだけど、でもかわいくってとってもお気に入り^^


休みの日はだいたいこれつけてる。
しかし…夫にしてみれば、ただのはさみにしか見えないようで。。。


「なんで頭にはさみつけてるの??」だって。。。


もー…、、、普通に「かわいいね」って言ってくれればいいのに〜
こーいうとこ、デリカシーというか、なんかが足りないのよね(苦笑)


まー、いいけどね。


そうそう、そーいえば、お正月のあいさつの件で(ヘビがこっち来るっていうやつ)お義父さんから、夫にメールあったの。


メールには。。。。


「話し合って、お母さん(ヘビ)がそちらに行かないということになったので、安心してくださいと、ほのかさんに伝えてください。よろしく。父」


と書いてあった。


やったー
よかった〜


さすがお義父さん。
ちゃんと説得してくれたようだ。


夫「だってよ、ほのか」


私「うん、わかった。ありがとう^^」


お義父さんのメールを見て、ようやくほっとした私。


明らかにルン♪とした私を見て、やっぱりどこか若干複雑そうな夫。


このへんの温度差っていうのは、やっぱりずっと埋まらないものなのかな?
仕方ないか。まだ私と過ごした時間より、ヘビと過ごした時間の方が明らかに長いもんね。


それにしても、悪いことって、長くは続かないですね。
あの家から離れて、少しずつだけど、物事がいい方向に向かっていると自分では思います。


まだまだ油断はできませんが。


でもとりあえず、ようやく今を楽しめるようになって、うれしいです。
これが普通の幸せな日々なのかなぁ。。。


この日々がずーっとずーっと続くといいな。。。。
今年の初詣のお願い事はこれに決まり。


というか、これ以外に願うことなどない。
あとは自力で何とかできることが多いし。


頑張っても何ともならないのは、アイツ(ヘビ)との関係。
できれば抹消したいくらい、むなしい努力をしていたあの頃。
もう二度と戻りたくなんかないわ。


私の記憶からいらない。
こうやって離れて、ずーっと経てば、いつかは辛い記憶も癒えるものなのかな。


私はまだ、無駄にフラッシュバックしてしまうけど。。。
(水撒きのふりして、わざと水、ビッシャリかけられたりとか、生ごみ玄関にまかれたりとか)


早く早く、何の心配もしなくていい、そんな日々を送りたい。
普通の日々を送りたい。


きっと、叶い始めてるんだよね。
そう信じよう


よろしければ、応援クリックお願いします☆

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 

JUGEMテーマ:義のつく関係


私「ただいま〜」


・・・・・(シーン)


私「あれ??」


外に夫の車があるのに、当の本人は見当たらない。。。
最近は、そこの目の前のソファで待っててくれるのにな。。。


シャワーでも浴びてるのかしら??


まだ父も母も帰って来ていない。
家の中が寒い。
空気が動いていない。


これは誰もいない感じに似ている。


が…
車がある。


ここは夫の育ったご近所ではない。
気軽に出かけられる近所に、知り合いなどいないはず。。。


だから夫はこの家のどこかにいるはずなのである。


しかし、シャワーの音もしなければ、人の気配すらしない。。。
おかしい。。。


(ちなみに、ここまで帰って来てから30秒ぐらいである。)


もう一度、立ち止まり、じっとして人の気配をさぐるが、やはり家の中は静まりかえったままだ。


私「あなたー?あなたー?」


声を出してみるが、やはり何の返事もない。
ほんとにどっかに出かけたんだろうか…
1人で??


洗面台で手洗いとうがいをして、家用の服に着替える。


荷物を置きに2階に上がると、そこにはベットにつっぷしている夫の姿が…
なんだ、いるじゃん。


この寒いのに、布団もかけずに寝ちゃって…
よっぽど今日は疲れたのかしらね。


テキトーにその辺から毛布を持ってきて、そっと夫にかける。


私「ん…?あれ…」


部屋は寒いのに、夫の周りの空気だけ熱い。。。
まさか。。。


夫の顔を触ると、、、
すごい熱だ・・・


な…ちょっと!
体温計、、、自分の枕の下から体温計を取り出し、夫のわきに挟む。


夫「うーん…。あ、ほのか…。気持ち悪いよ〜…」


夫が起きて、こっちにしがみつこうとする。
ちょっと…まだ、体温計鳴ってない…


私「大丈夫?あなた?すごい熱…どうしたの?今熱はかってるから、ちょっと動かないで。」


夫「ん…わかんない…今日の昼くらいから何か急に寒くなってきて…、体が痛いんだ…」


ピピピピピ


体温計が鳴る。
え?37度8分?!


うわぁ〜…


私「ごめん、ちょっと起きてあなた。」


無理やり起こして、ジーンズから、ジャージに着替えさせる。


夫「うーん…うえぇ…」


酔っぱらった時のように、ぐでんぐでん。。。
体の下に敷いてあるふとんを引っ張り出し、夫を収納し、布団を上からかける。


ポカリ…ポカリはないのか?
家の中をひっくり返すが見当たらない…


しかたないので、塩、砂糖、水でそれらしいものを作り、とりあえず少し飲ませる。
1人でドタバタ、ドタバタしていると母帰宅。


母「なによーどうしたのよ〜、そんなにあわてて〜」


私「帰ってきたら倒れてて熱あるの〜。37度8分だよ〜。風邪薬、どこ??」


母「あら…。うーん、あったかしらね〜。とりあえず何か食べてからじゃないとね〜、食べれそうかしら??」


私「かなり気持ちわるそうだけど?聞いてくる。」


階段を駆け上がり、夫の元にすべりこむ。


私「あなた。何か食べれそう??」


夫「うーん。。。いらない。気持ち悪い…体痛い…」


ちなみに夫は全く健康に関心がないと言うか…
基本、ほっとくと食事管理、睡眠管理、がまずできない。


夜更かしするし、ごはん食べないし、コーヒーばっかり飲むし、、、、
とにかく、放置すると、顔にニキビ、くま、かっさかさの肌にすぐなる。
それでも、全く関係なしの人なので、結婚してからは私の生活に合わせて、ごはんを食べさせ、夜は一緒に寝ることで、ちょっとずつ健康管理をしているつもりだったが・・・


結婚してからは、風邪とか引いてなかったのに、あー、どうしたのかしら…


昔からあるジューサーで、リンゴとにんじんを混ぜて、ジュースにして、とりあえず夫に飲ませ、そのあと薬を飲ませる。


うーん…うーん…
と、うなりながらも私にしがみつきたいのだろう。


必死でこっちに手を伸ばす夫。
調子が悪いと、さらに甘えたがりになる。。。


仕方ないのでしばらくよしよしと頭をなでてやると、安心したのか、ストーン!と寝た。
子どもかよ(苦笑)


明日には薬が効いてくれるといいんだけど…
大人の熱は心配だなぁ…


何か汗かいてるから、(目視)もう少ししたら、体拭かなくちゃ。。。
夫の体調が悪いと、こっちも落ち着かないのである。


早く元気になってね。。。。
あなたが苦しそうだと、私までしんどいよ。


クリスマス、どっか行くんでしょ。
昨日はごめんね、せっかくの気分を壊しちゃって…


よく考えたら、アイツが家に来ても会わなきゃいいだけだし、そもそもお義父さんがきっと止めてくれるから、来る確率のが少ないよね。


私、考えすぎだった。
心配事の9割は実現しない、って言うしね。


自分が思ってるより、アイツに負わされた心の傷は深く、ちょっとしたことで思い出して、尾を引くようだ。
もう、私はあそこの家にいないというのに。。。


切り替えなくちゃね!
夫とクリスマス、楽しもう。


私はもう大丈夫。
大丈夫なんだ。。。。


よろしければ、応援クリックお願いします☆

よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
 

JUGEMテーマ:義のつく関係


本日もご登場のオールバックさん。。。
よくもまぁ毎日…お暇なのかしらね…


近くでわめくのを聞いてた人の話によると、「名誉を傷つけられた?」とかで、今日は金銭の要求していたらしい。。。
それならこちらも、業務妨害ですけどね…


そんなわけで今日も早々と退社。
あんなところに、もう1分だっていたくない。
時間のムダだわ。。。


明日は朝早く行って、溜まった仕事を片付けることにしよう。


ここ最近、ちょっと私が早く帰るものだから、夜勤明けで早く戻ってきている夫がうれしそうである。


夫「ほのか、おかえり〜」


私「ん?ただいま〜」


ソファーから一目散にやってくるのはいいんだけど、まず手洗いうがいさせてくれ^^;


夫「ねーねー、クリスマスどうする?どっか行く??」


あー。そーいえばそろそろクリスマスだね。
仕事忙しくて、ちょっと頭の片隅に追いやられてたわ(苦笑)←女子失格


私「そっかー。そーいえばそろそろだね。おいしいもの食べたりしたいけど、やっぱどこも混んでるかな〜??」


夫「まー、俺はほのかと一緒ならどこでもいいんだけどね〜。」


あそこに行こうか、どうしようか、とか雑談気味に話していると…
夫が急に


夫「あ、そーいえば父さんからメールあって、何か母さんが…」


と、言いかけて急にしまった!という顔をして黙った。


私「ん?どうしたの??」


夫「ん…いや…」


さっきまであんなに陽気にしゃべっていたのに、急に歯切れが悪くなる夫。
あきらかに不自然すぎる。


私「ん?お義母さんが何だって??」


夫「えーっと…うーん…、いや、何でもないよ…たぶん…」


私「たぶん??」


夫「・・・・・・・。」


ついに黙りこくってしまった夫。
何よ…ヘビがなんだってのよ…


着信攻撃がピタリと止んで、タイムリーで気持ち悪いと思っていた私は、これはどうにもこうにもスルーできる話ではない。


私「何?お義母さんがどうしたの??」


もう一度聞く。


夫「いや…えーっと…言うとほのかが心配すると思うから…」


私「え…尚更なに??」


夫「うん…あー。。。ほら…たぶん、大丈夫だと思うんだけど…何かその…お歳暮持って、あいさつに行きたいって父さんに言ってるらしいんだ」


私「え…」


お世話になりました、って??


いやいやいやいや・・・・・あなたからは迷惑しか被ってませんがな・・・・
いらない!!いりません!!絶対いりません!!!


夫「父さんは状況が状況だし、わざわざ行かない方がいいって言ってるみたいなんだけど、、、」


そうです、、、そうです、、、、いりません!お歳暮なんか〜!!!


私「気を使っていただきありがとうございます。でも、大丈夫です、結構です、って言って…お願い…」


頭がぐわんぐわんなりながら、必死で夫に懇願する。


夫「もちろん、俺もそんなことしなくていいって言ったんだけどさ、、、まー、後は父さんが何とかするよ、きっと。大丈夫だよ、一応連絡くれただけだと思うからさ。」


私「・・・・・・。」


そうですか…
来ないならそれでいいんですが、やっぱりいやなものはいやだわ…


やっぱりあきらめてなかったのね…
もしもの時のために、お母さんとお父さんに言っておかなきゃ。。。。


クリスマスの雰囲気から一変、急にどんよりモードになる私。。。


夫「あー。。。。やっぱりこうなったか。。。ごめんねほのか、うっかり口が。。。」


私「いや。。。知らないで突然来られた方が、ダメージ大きいから。。。。」


夫「あ、そっか。ごめん。。。」


私「ううん。。。大丈夫。。。」


明らかにどんよりとなった私を見て、夫もしょぼんとなる。


夫「えっと、ほら、大丈夫だよ。母さん、車ないしさ。父さんが運転しなきゃ、ここには来れる距離じゃないよ。」


そうかなぁ。。。


夫「それにもし来ても、ほのかには会わせないよ、絶対。大丈夫だよ。俺が何とかするよ。」


私「ほんと??」


そんな事態にならないことを、心より祈る。
大丈夫かな。。。何か急に心配になってきた


なんせあのヘビである。
こちらの常識など通じるはずもない。


会ったら最後、何をされるかわかりゃしない。。。。


私の脳裏には今も、あの衝撃的な事件が焼きついて離れないでいた。。。


その時の記事⇒身の毛も凍る恐ろしい事件


もうトラウマと言っていいほど、最悪、、、
もう2度と、、、あんな思いはごめんだ。。。。


よろしければ、応援クリックお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ
   


応援よろしくお願いします☆

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

家族日記 ブログランキングへ

profilephoto
ほのかと申します!30代女性。義父、義母と敷地内同居しています。

Selected Entry

Archive

Comment

  • 退院しました。そしてさようなら。
    westy
  • 退院しました。そしてさようなら。
    もんち
  • 退院しました。そしてさようなら。
    ペタペタ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    はる
  • 退院しました。そしてさようなら。
    ラムネ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    jun
  • 退院しました。そしてさようなら。
    やまむ
  • 退院しました。そしてさようなら。
    よっち
  • 退院しました。そしてさようなら。
    通りすがり
  • 退院しました。そしてさようなら。
    がるる

my favorite


Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM